wdcro HTML Template

発表者よりひとこと

2017年11月1日

三浦寛

生エネルギー(生活の営み)と性エネルギー(生命の営み)の融合は、空間と時間の関与である。

潜象が現象に及ぼす影響力と、物体現象が潜象空間に適(かな)う適性力である。

この生と性が、からだの内部感覚、からだの無意識の叡智につながっている。

 

半蔵

重心偏移と腹証

胃、T12、胸椎をkeywordに、左重心を作りづらい症例の腹証を示しその内部の状態を検討する。

 

岡村郁生

「生きていくうえで、欠かせないものを
    生エネルギーとすれぱ、
    生かされているうえで、欠かせないものは
    性エネルギーではないだろうか。

    橋本敬三哲学での「救い」と「報い」にある
    メッセージを包括しながら読み解いてみたい」

 

日下和夫

「生エネルギーと性エネルギー」

いかなるエネルギーであっても、弁証法的な
エネルギーバランスを保っています。 

そんな中で性エネルギーこそは、最も高い
エネルギーにその質を変容することが可能
であると言われています。 

そのような性エネルギーを臨床に活かすことで、
より高い治癒力を発揮することが期待できます。 

こういった性エネルギーの 「昇華」 についての
解説を試みるものです。