2019年秋季フォーラム

秋のフォーラムは、11月23日(土)勤労感謝の日に、ルーテル市ヶ谷センターにて開催致します。

開場 9時30分 開会 10時  21時終了

駒居義基先生セミナー 13時~14時半  足趾の操法体験コーナー 15時~16時

フォーラム参加費 10,000円 ナイトセミナー軽食代 別途1,000円
駒居先生セミナー、足趾の操法体験コーナーのみの参加 3,000円 を予定しております。

 

今回のテーマは「想(精神活動)」をメインに、「『がんばるな』に隠された操体の秘密(仮)」ということで、予定しております。

「がんばらなくても、いいんだよ」というと「え?がんばらなきゃダメなんじゃないんですか」と言われます。

操体には「バルの戒め」と呼ばれるものがあります。
それは「頑張るな」「威張るな」「欲張るな」「縛るな」ということです。
日本人は元々「頑張る」という言葉が好きですが、操体法の創始者、橋本敬三医師は「救いと報い」という観点で、「がんばらなくても救われる」という事を解いています。

救いと報い
人間の設計にミスはない、と私は信じているが、これは又、私たちはもともと救われているんだ、初めから救われているんだ、ということでもあります。
宗教家の中にはね、がんばれ、がんばれ、そうして悟ればお前は救われるんだと、あたかもがんばらなければ救われないかのように言う人がいるが、そんなことはないですよ。
悪人であろうが、怠け者であろうが、みな救われているんです。(生体の歪みを正す 橋本敬三論想集より)

 

 

今回は、東京操体フォーラム相談役、株式会社ユナイテッド代表取締役 心理カウンセラー、ヒプノセラピストの駒居義基先生を講師に迎え、心の問題と操体についての特別セミナーを開催致します。
なお、今回は、駒居先生のセミナーのみの参加枠(と、足趾の操法体験コーナー)も用意しております。